リースのご案内

新しい時代を生き抜く手段、それが「リース」。多様化、複雑化する社会において、ビジネスの流れはますます速くなっています。状況に応じて柔軟に対応できる手段として、「リース」をご提案します。

リースとは

リースとは、お客様が設備導入をする際に、代わりにリース会社が購入し、お客様にお貸しするシステムのことです。スピーディーな設備投資が可能になり、経営の安定やリスク回避をはかられるなど、様々なメリットが得られるため、設備調達手段のひとつとして広く利用されています。

お客様自身でご希望の物件を選定

ご希望の物件、価格などを販売会社との間で自由に決めていただきます。リース契約と同時に物件を発注し、メーカーが直接納入いたします。

リース料は月々均等払い
固定資産税、動産総合保険料は、リース会社にて負担いたします。
保守・メンテナンス
物件の保守・メンテナンス・アフターサービス等については、お客様とメーカー・メンテナンス会社との間で契約していただきます。
契約期間満了後は
リースの契約期間満了後、物件を引き続きご使用になるか、第四リースへ返却するかを選べます。引き続きご使用になる場合は、リース契約を更新(再リース)することで、割安な料金でご使用いただけます。

物件の種類や用途により、リース期間を決定

お客様とご相談の上、通常3〜7年の間で決定いたします。しかし、リース物件の法定耐用年数により、適正リース期間が定められています。

法定耐用年数(年) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
最短リース期間(年) 2 3 4 5 6 7 8

主なリース物件

事務用機器から大型設備装置まで、動産であれば、あらゆるものが対象となる「リース」。お客様が物件を自由に選ぶことができ、ジャストフィットな設備投資ができます。

情報関連機器
パソコン、サーバ、複写機、通信用機器
商業機器
冷凍・冷蔵ショーケース、厨房設備、レジスター、自動販売機
産業機械
工作機械、産業用ロボット、食料・飲料加工機械、印刷・製本機械
自動車・輸送用機器
乗用車、トラック、フォークリフト
医療用機器
レントゲン装置、超音波診断装置、MRI、CTスキャナー
土木建設機械
パワーショベル、クレーン、ブルドーザー
オペレーティングリースもご相談ください。

オペレーティングリースとは、リース期間満了時点での物件価値(残存価格)をあらかじめ見込んで行うリースです。お客様のご希望に応じたリース期間設定が可能であるため、多様なニーズに柔軟な対応のできる商品です。残存価格を設定するため、中古市場があり、汎用性の高い機械・設備が対象となります。

pagetop